今年も一年ありがとうございました

 家具 指物 桑山 が本年1月より個人工房となった節目の年、

振り返りますと、家具制作はもちろんですがより作家活動に力を入れた1年となりました。

また多くの方々に支えて頂いているのだと実感した1年でもありました。

 

4月には「第62回東日本伝統工芸展」におきまして「日本工芸会東日本支部長賞」を受賞

5月「伝統工芸 新潟の技と美展」出展(新潟伊勢丹)

6月「木工藝学林 清雅舎展–須田賢司と五人の作家展-」出展(日本橋三越本店)

9月「第69回日本伝統工芸展」出展(日本橋三越本店)

10月には清雅舎で御指導頂いております須田賢司先生の

「重要無形文化財伝承者養成研修会」で助手を務めさせて頂きました。

11月、個展「桑山弥宏-木工藝展-」新潟伊勢丹にて2週間の開催、

多くのご高覧ご厚情をいただきました。

同じく11月、「重要無形文化財伝承者養成研修会」二年次の助手。

同11月「工芸2022  新潟県工芸作家展」(雪梁舎美術館)に出展と

後半は些か過密スケジュールとなりましたがお陰様をもって滞りなく無事一年を終えることができました。

厚く御礼を申し上げます。

 

また年明けは1月5日より通常通り営業いたします。

変わらぬご高配の程宜しくお願い申し上げます。

 

家具 指物 桑山

桑山弥宏