第68回日本伝統工芸展

第 68回日本伝統工芸展 が9月15日(水)〜9月27日(月)日本橋三越本展にて開催され

入選作 神代杉細線木象嵌提箱 桑山弥宏 が展示されます。

予断を許さぬ状況ではありますが展覧会が開催され作品が発表できることを大変嬉しく思います。

出品作は神代杉を主材とした提げ箱で腰下に黒柿の真黒材と、強度の必要な提げ手には黒檀を用いています。

今ではあまり作られることのない提げ箱ですが提げるという機能を意匠とし、またその構造に指物仕事の面白さを感じ

惹かれます。先達への敬意と合わせ過去の自作をモチーフに再構築しました。

作品画像 神代杉細線木象嵌提箱 桑山弥宏 日本工芸会ホームページ

 

本展は東京会場を皮切りに来年3月まで全国9箇所を巡回します。(東京展は入選作全て展示されますが

その他の会場は展示点数に制限がある為、巡回会場が限られます。)

私の作品の展示会場が決まりましたら追記いたします。

お出かけにも何かと不自由があるとは思いますが、お近くにお越しの際はご覧いただけますと幸いです。

桑山弥宏