家具 指物 桑山

木組みの伝統技法で作る無垢の家具



家具 指物 桑山とは

日本の指物という伝統技法を用い現代の暮らしに沿った家具を作りたい。

との想いから屋号を『家具指物 桑山』と名付けました。

和家具・洋家具という隔てではなく指物の技法で作られた家具こそ

日本の家具として誇れるものだと私たちは考え製作しています 。   

明治40 年、初代である熊藏が新潟県柏崎市にて宮大工として創業しました。

その頃は特に珍しいことではなかった様ですが、

自ら請けた建物等の建具や家具・調度品も手がけていたそうです。

後に細工仕事を得意とした弥太郎(宗弥)へと代が替わり家具や建具を

主体に製作する様になっていきます。

昭和37年(1962年)に有限会社桑山建具製作所を設立、工房の拡大や機械の導入

に伴い柏崎市田塚に工房移転。

現在は、『家具 指物 桑山』として家具や工芸作品を製作しています。

 

桑の字を模したこのマークは会社設立当時のもので

工房で作られた家具に記されています。

 

写真は マークシンボル 柏書房 より

索引にはデザイン桑山弥三郎、1962年とあります。

 


*指物(さしもの)とは

ビス等の金釘を使わずに、板や棒状のものを組手や継手等といわれる

凹凸を用い作る工作法、またはその様な技法を用い作られる家具や調度品等のこと。

新潟では主に調度品の事を指しています。

 

その精緻な技法は世界的にも類を見ない日本独自のもので、

師から弟子、先達の仕事に触れることで、素材、道具、技、そして職人の心と共に受け継がれてきました。


私たちが責任を持って製作しています


桑山 弥万治(くわやま やまじ)

 一級技能士

職業訓練指導員

木材用加工機械作業主任者


桑山 弥宏(くわやま やすひろ) 

公益社団法人 日本工芸会正会員

木材用加工機械作業主任者

福祉住環境コーディネーター